失敗しない霊園と葬式サーチ|今日から終活一年生

墓地

都内の墓地価格

東京都内のお墓はやはり高い

お墓

都内一等地にある「都営青山霊園」は永代使用料436万円〜、墓石費用も226万円〜です。総理大臣も務めた大物政治家や有名人が多く眠る名門墓地ですから当然と言えば当然かもしれませんが、一般人にはかなり厳しい金額です。 ただし高額なりにメリットもあります。都内ですから交通の便はよく、管理も行き届いています。また比較的新しい霊園が多いので、バリアフリーやベビーベッドなどの設備は充実しています。 最近は核家族化により新たにお墓を購入する人が増えています。お墓のポータルサイトもありますので、情報収集と現地をしっかり見て購入することをお勧めします。

洋型、デザイン墓の人気が上昇中

都内のお墓の相場は全国平均と比べると高額ですが、お墓の価格自体は不況の長期化と消費税増税により都内も含めて減少傾向にあります。 そしてお墓の形も地方では従来の和型が根強い人気ですが、都内ではシンプルな洋型、デザイン墓の人気が急上昇しています。 理由として挙げられるのは、洋型の墓は和型の墓に比べて使用する石の量が少なく加工も容易であるため、和型よりも20万円程価格が安くなります。また地震による倒壊のリスクが低いこと、新しく作られた公園墓地に合っていることなどが挙げられます。 デザイン墓はお墓に自分らしさを込めたいと考える増えているためです。最近は葬儀などでもオリジナリティを求める人が増えていることから、この傾向は続くと思われます。 お墓は安い買い物ではありませんから、慎重に選びたいものです。

This template downloaded form free website templates