失敗しない霊園と葬式サーチ|今日から終活一年生

墓地

コストを抑える

公営墓地や樹木葬でコストを抑える

お墓

都内には多数の霊園や墓地があり、お墓の値段にも幅があります。お墓に関する大手ポータルサイトの調査では、2014年のお墓にかける費用の平均は都内でおよそ256万円です。しかし、最も選ばれている価格帯は100万円〜150万円、次いで150万円から200万円、200万円〜250万円と100万円以下がほぼ同じ比率でした。 都営墓地など公営の墓地や霊園は民営に比べてかなり費用が安く済みますので、費用を抑えたいときには公営墓地が第一候補となるでしょう。寺院ですと檀家になってお布施が必要になってくることが多いので、民営であっても宗教不問の霊園の方が後々まで考えたときに出費は少なくなります。 墓石を作らない樹木葬も人気が高まっており、都内にも樹木葬ができる霊園が増えていますので、これでコストダウンするという方法もあります。

お墓にかかる費用の内訳と相場

新しくお墓を建てるときにかかる費用は、お墓を建てる土地の権利料である永代使用料、墓石代、霊園の管理費が必要になります。 墓石は石と外柵、加工料金を合せて墓石代となります。どんな石を使うか、墓石の大きさ、加工方法などにより料金に幅があり、数十万円〜一千万円を超えるものまであります。 永代使用料は一般的な不動産と同じで、同じ都内でも都市部になるほど高い傾向です。都心部ですと民営の霊園で0.2平方メートルで100万円や、1平方メートルで400万円あたりが相場です。公営の霊園ではもっと安く、1区画3体までで50万円、といったものもあります。 管理費は維持費にあたるもので、こちらは公営ですと5000円〜1万5000円ほどが多いです。

This template downloaded form free website templates